FC2ブログ

永真かっ歩

前回の続きです。

IMG_5156-2.jpg
横浜市南区真金町にて
横浜橋商店街の裏道を抜け、真金町から歩きます。
真金町は前回も少し触れたとおりその昔遊郭が形成されていた街で隣の永楽町と並んで
「永真遊郭」と呼ばれていたこともありました。

その歴史は明治13年に高島町遊廓(現在の横浜〜桜木町間のあの高島町でしょうね)が
火事で焼失して移ってきたのがその始まりで売春防止法が施行される昭和33年まで続いたそう。

簡単に調べただけなのですが横浜の遊郭の始まりとされる港崎(みよざき)遊郭は
なんと現在の横浜公園・横浜スタジアムあたりにあったそう。
今や横浜の中心といってもいい場所にそのような色街があったというのは少々驚きでした。


IMG_5162-2_20180719002752cca.jpg
まっすぐな道が碁盤の目に並ぶ区画。遊郭の名残とは言いますが今はマンションや住宅が並ぶごく普通の街で
遊郭時代の面影はほとんど何も残ってないと思います。

以前取り上げた江東区洲崎もそうですが平坦でまっすぐな区画というのは
その後住宅地として整備するのに丁度いいのでしょうか。


IMG_5165-2_20180719002752ddf.jpg
浜一番?と書かれた小さなドアのついたお店。
ドアにちょっとしゃれた感もありますが。

IMG_5167-2.jpg
中華料理屋さんだったようです。


IMG_5170-2.jpg
「車」と書かれたシャッター
車庫のようですが車が入るには随分小さいですね。
昔のオート三輪とかの時代でしょうか。


IMG_5171-2.jpg
ところどころ古い建物も散見されますが、工事もあちらこちらで見かけます。
数年もすればさらにマンションが増えてそうですね。


IMG_5178-2.jpg
首都高狩場線下の川を渡って中村町に入ります。


IMG_5180-2.jpg

IMG_5181-2.jpg
この通りをまっすぐ進んでいくとJR石川町駅で、古い建物が散見されます。
こちらは真金町と違って曲がりくねった道が地形に沿ってる感じでいかにも横浜の住宅地です。


IMG_5191-2.jpg
横浜市中区 諏訪神社にて
さらに進んで路地に目をやると階段をのぼった先に小さな神社が。
行ってみましょう。

IMG_5193-2.jpg
浜のおすわさんとはいいネーミング。


IMG_5194-2.jpg

IMG_5195-2.jpg
神社横の路地がまた何とも狭い。


IMG_5185-2.jpg
横浜市中区石川町5にて
極小入口のサンクス。これはい珍しいと思ったけど表側にちゃんと入口があったの裏口のようですね。
しかしサンクスって少なくなりましたよね。ここも今はファミマになってるのかな。


IMG_5186-2.jpg
石川町駅まであと500メートル
描かれた電車のイラストは今も103系を模したと思われるデザインです。


IMG_5201-2.jpg
横浜市中区 JR根岸線石川町駅にて
元町や中華街・外人墓地とも近く、お隣の関内とともに横浜観光の拠点と言ってもいい石川町駅。
元町側の駅舎は商店街に挟まれた窮屈なものでその上に乗っかる駅のホームも無理やり感があります。
しかし西洋を思わせる曲線を描いた壁はおしゃれなつくり。
スポンサーサイト
  1. 2018/07/22(日) 21:49:14|
  2. 神奈川県
  3. | コメント:0
<<最後のパンプキン | ホーム | 黄金町から座布団一枚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する