FC2ブログ

和田町と星川帷子川

前回の続きで相鉄から。


IMG_6995-2.jpg
横浜市保土ヶ谷区 相鉄本線和田町駅にて
前回、三ツ境で撮りそこねた最新の20000系に帰りはしっかり乗車。
こうして見ると車のようなヘッドライト周りのデザイン処理はやはり目を引きますね。
車内も最新の電車、そして先の9000系リニューアル車をさらに進化させたつくりですが
ドア横の鏡が復活し、相鉄線の古き良き伝統も?さりげなく受け継いでいます。

最近はJRベースの車両増備が続いていたのでこういう個性的な電車が
走るのは相鉄らしくていいですね。
ただ、そのあとの12000系というのはまたJRベースの車両になりそうです…。


IMG_7001-2.jpg

IMG_7005-2.jpg
反対のホームには相鉄最古参の7000系がやってきました。
こちらは鏡だけでなく、スタイル全体が古き良き相鉄の伝統を伝えています。
ネイビーブルー化や、JR乗り入れといった新事業からは対象外とされており、
最新の車両が出揃えばそう遠くない時期に引退でしょうね。

今がまさに最後のご奉仕といったところです。


IMG_7008-2.jpg
和田町駅舎
和田峠や和田岬など“和田”を冠した駅は全国にもありますが、
ここ和田町は鎌倉時代の武将・和田義盛に由来するとか。
これもさらに深い伝統があるというか、武将の名を冠するとは渋いですね。


IMG_7009-2.jpg

IMG_7010-2.jpg
駅前の風景
古い商店や商業ビルに入ったチェーン店が目立ちます。
人だけでなく、車通りも非常に多いのは都心と違って郊外の性格も持ってるからでしょうか。


IMG_7019-2.jpg
踏切を渡って反対へ出てみましょう。


IMG_7022-2.jpg
帷子川を渡った先に和田町商店街が現れます。


IMG_7026-2.jpg
ぬりかべのように塗り固められた壁には以前なにがあったのか…。


IMG_7027-2.jpg
3つのとんがり屋根がいいですね。


IMG_7028-2.jpg

IMG_7029-2.jpg
和田町商店街は帷子川を渡って国道16号まで150メートルほどの短い商店街です。


IMG_7035-2.jpg

IMG_7036-2.jpg
帷子川
全域が横浜市内を流れ、鶴ヶ峰付近までは相鉄線に並行します。
その昔、アザラシのタマちゃんが現れたことでちょっと話題にもなりましたね。
その時のことをWikiで振り返っていると横浜市西区は名誉区民として
「ニシ タマオ」なんて名前まで与えていたとか。

しかし今は帷子川って書けないし読めない難読な名前ですよね。


IMG_7041-2.jpg

IMG_7038-2.jpg
川沿いには地元の小学生が描いた風景が大理石にプリントされています。
天王町駅近くのオフィスビルの絵によく見るとマルエツなんて細かい描き込みも。
看板もちゃんと描くなんてさすが地元っ子。よく見てますね。


IMG_7043-2.jpg

IMG_7044-2.jpg
再び前路沿い。
隣の星川駅は高架化工事が進んでおりすでに下り線は線路の切り替えが完了。
しかしここで横浜新道の下をくぐるため、地上に降りてきます。
ということはここは高架化するのは無理そうですね。


IMG_7047-2.jpg

IMG_7048-2.jpg
高架に切り替えられていない上り線はまだ踏切が残っています。
その手前にあるレールのようなものは下り線のものか。


IMG_7053-2.jpg

IMG_7055-2.jpg
道路の渋滞もまだ続いてますが線路が高架に切り替えられればもうすぐ解消ですね。


IMG_7056-2.jpg

IMG_7057-2.jpg
帷子川沿いの歩道を歩くとブロック塀が飛び出したせいで
異様に狭くなっているところも。


IMG_7060-2.jpg
高架化が進む星川駅
しかしよく見ると帷子川や周辺のマンションは昔のまま。
景観を壊さず工事を進めるってすごいですね。

IMG_7061-2.jpg

IMG_7062-2.jpg
切り替えが終わっていない上り横浜方面のホーム。
線路が途切れているところが切り替えの過渡期らしい姿です。


IMG_7064-2.jpg
星川駅舎
高架駅に仮設の通路が飲み込まれていくような姿をしています。


IMG_7065-2_20180625235945589.jpg

IMG_7067-2.jpg
駅周辺の風景
このあたりは今後も大きな変化はさそうですね。このまま天王町まで歩きます。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/26(火) 00:01:54|
  2. 神奈川県
  3. | コメント:2
<<星川から天王町〜松原商店街まで | ホーム | 横浜の東端三ツ境を歩いてみる>>

コメント

新型車両の外観はちょっと「瑞風」っぽいですね。
それにしても相鉄沿線の「取り残された昭和感」たるや。
  1. 2018/06/26(火) 05:52:56 |
  2. URL |
  3. PC #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

「ネイビーブルーの瑞風」ですか。
フロントのグリルにあの展望デッキを思わせる雰囲気があるかもしれないですね。

相鉄は沿線の人は電車で横浜へ出るか、車で移動するかが大半ではないかと思います。
その狭間の駅前はやはり何年もあまり変わってないような雰囲気は感じました。
  1. 2018/06/28(木) 00:30:19 |
  2. URL |
  3. coliburari #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する