FC2ブログ

篠ノ井でスカイ

前回に引き続き、しなの鉄道から。


IMG_3292.jpg
長野県長野市 JR篠ノ井線篠ノ井駅にて
しなの鉄道を行ったり来たりしてますが、2回訪ねてますので…。
乗ってきたのはリバイバルカラー第3弾の横須賀線色。
2015年まで中央本線で走っていたのでこれも信州には馴染み深い色ですね。
立川でもよく見かけたので懐かしいというよりは久しぶりといった感覚でしょうか。


IMG_3297_20171017000646670.jpg
篠ノ井駅の前で聖火トーチを掲げる子供。
そうか、長野は1998年冬季オリンピックの開催地でしたね。
そして3年後の2020年には夏季オリンピックが日本にやってきます。


IMG_3299.jpg
そのオリンピックに長野まで敷かれたのが長野新幹線。
今は北陸新幹線として金沢まで通じる一大ルートになりました。


IMG_3298_20171017000644868.jpg
長野・松本・軽井沢と県内主要地から路線の集まる篠ノ井は交通の要衝としてよく聞く地名。
行政上の所在地は長野市篠ノ井ですが1959年から1966年までは
単独で篠ノ井市を名乗っていた時期もあったようです。しかしその間、7年とは短いですね。

さて、次の戸倉行が来るまでおよそ1時間。駅周辺をぶらぶらします。


IMG_3300.jpg
駅前ではいきなりすごいのがお出迎え。
篠ノ井には茶臼山恐竜公園というのがあるのでそのオブジェでしょうね。


IMG_3304_20171017000640e18.jpg

IMG_3305.jpg
ではさっそく街中へ入ってみましょう。


IMG_3314_20171017000632d09.jpg
これは0〜90年代のテイスト感あふれるイラスト。

IMG_3317_201710211724340cb.jpg
ちび杏駐車場 壁に直接書いてるのがちょっと沖縄っぽくていいですね。


IMG_3316_20171021213729306.jpg

IMG_3319.jpg
火の見やぐらに写真館。その隣にある小さな稲荷神社を見ながらさらに歩きます。


IMG_3324.jpg
狭い路地を抜けると…。


IMG_3336.jpg

IMG_3328.jpg
長野県長野市篠ノ井布施高田横町にて
商店街が集まる一角に出ました。ここは芝沢本通りといってかつての北国街道沿いにできた商店街。
奥を見ると少し街道の面影が感じられますね。

ところでこのあたりの住所は長野県長野市篠ノ井布施高田(ふせたかだ)と長いです。
長野市のホームページに住所変遷の系図があったので見てみると
布施高田村と布施五明村(ふせごみょう)が合併して布施村に。さらに町制施行時に篠ノ井町に改称。
篠ノ井市を経て合併して長野市と変化の多い経歴を辿っていたんですね。
地名の長さに歴史ありです(長すぎる気もしますが…)。


IMG_3339_20171017000627884.jpg
そんな篠ノ井ももうちょっと歩きたいところですがそろそろ列車の時刻。
というわけで駅へ戻ります。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/21(土) 23:38:02|
  2. 長野県
  3. | コメント:0
<<湯の町戸倉を歩く | ホーム | 古城のほとりで待ってる〜小諸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する