FC2ブログ

ハマカワサキの端、尻手を歩く

今回は尻手より。


IMG_8763.jpg
川崎市幸区 JR南武線尻手駅にて
知ってるようで意外と知らない。やってきたのは川崎から一つ目の尻手駅。


IMG_8771_20170916205653825.jpg
川崎と立川を結ぶ本線と浜川崎へ向かう支線が交わる尻手は南武線の要衝となる駅ですが、
川崎駅を中心とする繁華街から離れてるからか南武線の乗換駅としてはもっとも利用客が少ないそう。

しかし本線と支線が交わる配線や川崎方向からカーブしてくる私鉄らしいシチュエーション、
さらには貨物列車も並走するなど見どころの多い駅でもあります。


IMG_8782_20170916205654527.jpg
古い駅なので所々昔の壁面などが顔を出してるのも魅力の一つ。

IMG_8784_201709162056581f6.jpg
尻手駅舎


IMG_8786.jpg
線路のガード下もクラシックな雰囲気。
上を走る電車は最新の車両に変わってもここの風景はそれこそチョコレート色の電車が走ってた頃より
変わらないのではないでしょうか。


IMG_8789.jpg

IMG_8791_20170916205702b46.jpg
駅の所在地は川崎市幸区ですが、線路のすぐ反対側は横浜市鶴見区。市境ギリギリの地に立っているのが尻手駅。
川崎市と横浜市、双方から見ても端っこの“尻”に当たるので尻手という地名が生まれたのか…。
そんなことを尻に手をあてて考えてみるのも楽しいものです(笑)


IMG_8793.jpg

IMG_8794_20170916205705876.jpg
途中で見かけたストーンヘンジ2点。
下のブロック塀は電柱の影からそっと見てるみたいです。

IMG_8800.jpg
横浜市鶴見区矢向 尻手銀座にて
駅近くに商店街があったので入ってみましょう。ちなみに尻手駅は川崎市内ですが尻手という町名は
横浜市鶴見区にあります。そしてこの尻手銀座商店街があるのは矢向。
いやはや複雑ですが、このややこしさも街歩きでは楽しいですね。


IMG_8803_20170916222059171.jpg
昔ながらの商店街ですが、所々マンションになっていたり
駅に近いからかチェーン系のスーパーがあったりと様々です。


IMG_8804_201709162221009c8.jpg

IMG_8805.jpg


IMG_8814.jpg
横浜市鶴見区矢向 矢向日枝神社にて
商店街の突き当たりをさらに進むとかつてこの辺りが矢向村と呼ばれていた頃からの鎮守、日枝神社に出ました。


IMG_8819_201709162221035b4.jpg

IMG_8823.jpg

IMG_8824.jpg


IMG_8829.jpg
日枝神社からしばらく歩くと再び南武線の踏切に出ます。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/17(日) 16:23:42|
  2. 神奈川県
  3. | コメント:0
<<矢向から河岸へ向かう線路跡 | ホーム | 広瀬川を昭和市電から現代香る薬師堂へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する