FC2ブログ

赤い橋を渡り鹿沼駅へ

前回に続き鹿沼です。

IMG_0660.jpg
銀座〜末広町と市街地を抜け、黒川の流れる開放的な場所に出ました。


IMG_0656.jpg
栃木県鹿沼市睦町 川上澄生美術館にて
版画家・川上澄生の美術館です。棟方志功にも影響を与えたとされる川上澄生は横浜で生まれ
英語教師として生涯の中で最も長く暮らしたのが宇都宮だったという縁から美術館が建てられました。
(なぜ鹿沼なのかは謎です)

小さい美術館なのでふらっと来てじっくり鑑賞。
そんな気軽に立ち寄れるスポットだと思います。


IMG_0654.jpg
版画のアートに触れた跡は廃なアート作品に触れてみる!?
美術館前には古い橋脚跡が残されいました。

IMG_0653.jpg
対岸にもしっかりいます。


IMG_0664.jpg
黒川を渡ってJRの鹿沼駅まで向かいます。

IMG_0665.jpg

IMG_0668.jpg
赤い階段が見えてきました。


IMG_0672.jpg
その向こうは神社。参道ということ!?

IMG_0686_20170601235433fd9.jpg
上は県道とJR鹿沼駅へ繋がるのでおそらく住民のためにつくられたのでしょうけど
赤く塗って神社の鳥居とデザインを合わせてるのが面白いですね。

川を挟んだ地形の高低差も気になります。


IMG_0676.jpg

IMG_0680.jpg
栃木県鹿沼市府所町 狐ケ森稲荷神社にて
小さな神社ですがここもまた柱の彫刻が素晴らしいですね。

IMG_0688.jpg
神社の前を流れる川は西武子川。
新鹿沼駅からどちらかというと東へ向かって移動してるのに
まさに東が西武で西東武〜♪ですね。

ちなみに読みはルビにあるように「にしたけしがわ」と読みます。
沖縄の西武門(にしんじょう)ほど難読ではないにせよ、素直に“せいぶ”と読ませないあたりは
東武の影響力が強いからか(いや、関係ないですね)。


IMG_0689.jpg
「よりかかからないでください」と書かれたポール。
なぜかと思ったら刺さってるわけではなく地面に置いてあるだけでした。
確かにうかつに寄りかかったらコケるかも…。


IMG_0692.jpg
踏切が見えてきました。
ようやくJRの鹿沼駅です。


IMG_0694.jpg

IMG_0696.jpg
線路は踏切から一気に下ってまた上る。
スタートした東武の新鹿沼駅はかなり低いところにあるんですね。


IMG_0699_20170602000907612.jpg
鹿沼駅ホーム
日光線は観光地日光へ向かう路線なので駅名板など凝った独自のデザインが採用されています。
そう言えばあの四季島もここを通るんですよね。
乗ってみたいというより、撮ってみたい。
(乗れるのはいつになるやら…)


IMG_0709.jpg
宇都宮行きが入ってきました。
現在の主力車両は元京葉線で、ベイエリアで何度か乗ったので久々の再会。
今はローカル線でひっそりと隠居生活といったところでしょうか。
さて、この電車に乗って宇都宮に出ます。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/02(金) 01:26:14|
  2. 栃木県
  3. | コメント:0
<<和尚塚とまつり | ホーム | 鹿沼銀座を歩く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する