FC2ブログ

市原八幡宿

IMG_1257_201902122335569f0.jpg
千葉県市原市 JR内房線八幡宿駅にて
山手線に投入が進むE235系の次の投入路線は総武快速・横須賀線に決まりこのE217系も
置き換えられることになりました。
廃車になるのかそれとも房総ローカルに転用されてしぶとく生き残ったりして…。
いずれにせよ、グリーン車を組み込んだ長編成で東京湾を一周するのはあと数年で終わりそうです。

IMG_1288_20190207011836cd5.jpg
八幡宿駅舎
緑色の屋根に黄色い壁は何をイメージしてデザインしたものか。ひょっとしてレモン!?


IMG_1262_20190207011821dc3.jpg
駅前から少し狭い道に入ってみましょう。

IMG_1265_20190207011824b54.jpg
小さな店がひしめき合う雑居ビル。ビルと言っていいのか…。


IMG_1266_20190207011825a21.jpg

IMG_1274_20190207011828110.jpg
路地を抜けるとこの踏切に出ます。
鶴舞街道って名古屋か。そういえば小湊鐵道にも上総鶴舞という駅がありました。


IMG_1271_20190207011827ef8.jpg
踏切前の歩道橋からは八幡宿駅を出る電車がよく見えます。


IMG_1281_20190207011831273.jpg
その歩道橋の名前は“みなみでどばし”。

IMG_1278_20190207011830608.jpg
横須賀線方面の電車が到着。やはり千葉方面はホームで待っている人も多いです。


IMG_1283_20190207011833a6e.jpg

IMG_1284_20190207011834474.jpg
踏切近くで見られる古い民家と蔵。


IMG_1290_2019020701183738e.jpg

IMG_1292_20190207011839f51.jpg
駅前からのびる小さな商店街。


IMG_1295_201902070118405f8.jpg
県道24号線
八幡宿駅前の通りを100mほど歩くとこの道に出ます。
この道はもともと房総往還とよばれ、江戸から館山へ向かう街道でした。
その途中の宿場町の一つがこの八幡宿だったということですね。


IMG_1306_20190212231211666.jpg

IMG_1300.jpg

IMG_1309_201902122312117b3.jpg
かつて八幡宿は房総半島からの年貢米を船で江戸へ運ぶ中継地点の役割を果たしていたそう。
今は京葉工業地帯が並び、海は少し遠くなりましたが所々に残る蔵や古い民家はその名残と言えそうです。
スポンサーサイト
  1. 2019/02/12(火) 23:37:53|
  2. 千葉県
  3. | コメント:0

東武宇都宮から旧町名を辿る

前回の続きです。

IMG_9137-13.jpg
栃木県宇都宮市 東武宇都宮線東武宇都宮駅にて
JRの宇都宮駅から路地やら駐車場の蔵やらを見ながら歩いて東武宇都宮へ。
中心市街地の目の前で、駅には東武デパートも併設されている宇都宮の中心駅です。

8000系も日比谷線を追われた20000系に置き換えられ今は残り1本にまで減ったとか。
ローカル線でしぶとく残ると思っていた私鉄の103系もいよいよ最後の時が近づいてきました。

IMG_9127-2.jpg
駅のすぐ裏にある松が峰教会。
大谷石を使った重厚な教会で、宇都宮に来たら見ておきたい名建築です。


IMG_9128-12.jpg
以前ここには飲み屋が並んでいたと思うのですが今はご覧の通り駐車場になってスカスカに。
TOBUの看板が2棟並んだデパートはひょっとして松が峰教会を模したのか…。


IMG_9141-10.jpg

IMG_9140-9.jpg

IMG_9138-14.jpg
東武駅前に残る看板やビル群。
前回出て来たヒカリ座も昔ながらの映画館です。


IMG_9144-15.jpg
カレーにヨーグルト
昔ながらの喫茶店です。


IMG_9149-11.jpg

IMG_9151-16.jpg
二荒山神社神社をぐるっと回って見えてきた赤い門は慈光寺。

IMG_9152-17.jpg
慈光寺正面からのびる赤門通
もともとはこの道が参道だったのでしょうか。パルコの手前の路地を入るとあの「みんみん」があります。


IMG_9156-12.jpg

IMG_9158-18.jpg
この通りの旧町名は寺町
今も所々にお寺が見られますが市内中心に近いこともあって巨大な団地が目を引きます。
よく見ると2棟が中央の連絡通路で繋がっているのでしょうか。面白い形をしてますね。


IMG_9160-13.jpg
さらに行くと新宿町
全国に新宿という地名は意外と多いですが「にいじゅく」とか「あらじゅく」なんて
呼ぶものが多い中、ここは素直に?「しんじゅく」と読むそう。

IMG_9161-19.jpg
JRの宇都宮駅へ通じる大通りに戻ってきました。
近代的なビルが中心ですが交差点の一角に古い建物が残っていました。


IMG_9167-20.jpg
栃木県宇都宮市 JR各線宇都宮駅にて
宇都宮駅に戻って帰りの宇都宮線を待っていると日光線のホームにいろはが入ってきました。
205系1編成を改造した観光電車で特急ではないので普通の切符で乗ることもできます。
外観はあまり変化はないですが、車内は木目調のクロスシートで大きく進化。

今や宇都宮駅に来る電車のほとんどが通勤型電車になったのでこういう観光電車は
いいアクセントになります。(これも205系なのでもとは通勤電車ですけどね)
  1. 2019/02/04(月) 23:56:02|
  2. 栃木県
  3. | コメント:0

宇都宮をライトに歩く

IMG_9093-2.jpg
栃木県宇都宮市 JR宇都宮線宇都宮駅にて
前回の那須烏山からACCUMに乗って宇都宮へ戻ってきました。
反対側のホームで待っていたのは上野東京ラインの小田原行。

乗り継ぎにタイミングよく待機していますが帰るにはまだ早い。
せっかくなので宇都宮の街をぶらぶらすることにします。


IMG_9095-3.jpg
留置線には常磐線E531系の姿が。
2017年10月に黒磯駅のデッドセクションが廃止され、東北からの交流電車が新白河からの運転になりました。
その際黒磯〜新白河間のローカルに投入されたのがこのE531系とキハ110の気動車。

場違いな感じもしますが、昼間このように宇都宮で休んでいる姿も
今や珍しいものではないのでしょうか。


IMG_9098-4.jpg
東京から100キロ、北関東最大の都市・宇都宮。
今や餃子の街として知られるようになり、老舗のみんみんや駅前の餃子会館などは常に行列をなしています。
(その昔食べたみんみんの揚げ餃子は確かに絶品だった)

本ブログでも鹿沼の帰りにバスで和尚塚というところまで行って街中を歩いたことはあったのですが、
今回は宇都宮駅を起点に東武宇都宮駅のある中心部までを歩きながら古い建物や街並みを散策したいと思います。


IMG_9103-2.jpg

IMG_9105-5.jpg
宇都宮駅前を流れる鬼怒川の支流・田川。
背後にはすぐ駅前のビル群が見えますが、川沿いは落ち着いた雰囲気で歩けそう。


IMG_9106-3_20190127220743a9c.jpg

IMG_9108-4.jpg
栃木県宇都宮市三番町 石町(こくちょう)通りにて
宇都宮市内の道は旧町名などにちなんだ様々な名前がつけられています。
この石町はその昔穀物問屋が並んでいたことからその名が付いたそう。
穀物の穀(こく)が石(こく)に変化したということでしょうか。

IMG_9110-5.jpg
そんな石町通りを歩いていると小さな公園の前に積み上げられた古いレンガ。
その向こうは大谷石の壁ですね。
宇都宮は歩くといたるところに大谷石の建造物を見るとこができます。


IMG_9111-6.jpg

IMG_9113-7.jpg
宇都宮中心部も大通りから少し入ると駐車場が多くなります。
ちょっと懐かしいベーエムベーのイラストが描かれた立体駐車場や
ど真ん中に蔵が鎮座する駐車場など…。
蔵は頑丈で取り壊すことができなかったのでしょうかね。


IMG_9115-6.jpg
お次は六軒町

IMG_9116-8.jpg
ここは小さな川に沿った小道が続いていて沿道にはバーなどが多く、
そのままオリオン通りまで続いています。

IMG_9120-9.jpg

IMG_9121-10.jpg
絡まった蔦が印象的な雑貨屋さんを見ながら路地へ。

IMG_9125-8.jpg
ここも駐車場の片隅に小さな祠。

IMG_9126-11.jpg
栃木県宇都宮市江野町 プラザヒカリ付近にて
東武宇都宮駅近くまでやってきました。奥に見えるヒカリ座は昔ながらの映画館です。



  1. 2019/01/27(日) 22:53:35|
  2. 栃木県
  3. | コメント:4

DENCHAで烏山 その2

前回の続きです。

IMG_9044-2-2.jpg
栃木県那須烏山市 JR烏山線
ほどなくして、反対方向から次の烏山行きの‘電車’が到着。
新しい電車だけに走りは軽快そのものです。

IMG_9049-2.jpg
駅の反対側には国道294号線

IMG_9055-2.jpg
宇都宮を始め県内外へアクセスできるのを見るとやはりここもクルマ社会なんだなと実感。


IMG_9050-2.jpg

IMG_9051-2.jpg


IMG_9059-2.jpg

IMG_9058-2.jpg
清水川公園


IMG_9066-2.jpg

IMG_9070-2.jpg
栃木県那須烏山市中央
県道から一歩入ると小さな商店が並ぶ通りに出ました。和洋折衷なかなかクラシックな外観。

IMG_9071-2.jpg

IMG_9075-2.jpg
シャッターを下ろした店や以前は商店だったと思われるような家が並び、クリマだけが多い通り。
道路が整備されるまではここが町の中心として賑わっていたのか。

普段の買い物はここで。大きな買い物は烏山線にのって宇都宮へ。
そんな時代があったのでしょうか…。


IMG_9079-2.jpg
さて、帰りの列車の時間も迫ってきたので駅へ戻ります。


IMG_9081-2.jpg
駅舎も電車も真新しいですが、改札がないのがローカル線らしくて開放的です。


IMG_9082-2.jpg
無事カエル。アタシの苦手なカエル!!


IMG_9083-2.jpg

IMG_9087-2.jpg
帰りのACCUM。このまま宇都宮まで向かいます。
  1. 2019/01/23(水) 00:58:51|
  2. 栃木県
  3. | コメント:0

DENCHAで烏山

東北本線宝積寺と烏山を結ぶ烏山線は首都圏では数少ない非電化路線。
宝積寺と途中に大金(おおがね)と縁起のいい駅があることから
七福神をモチーフにしたキャラクターが車両や駅にデザインされています。

もちろん、以前はディーゼルカーが走っていましたが、2014年より蓄電式の電車ACCUMが走り始め
2017年に全車ACCUMに置き換えが完了して非電化ながら電車が走る路線へと進化を遂げました。

ディーゼルの頃に乗ることはできませんでしたが架線のない線路を走る電車はどんなものか
烏山線にも乗ってみたかったので昨年夏、18きっぷを使って訪ねてきました。


IMG_9008-2.jpg
栃木県那須烏山市 JR烏山線烏山駅にて
宇都宮からやってきたACCUMは終点の烏山に着いて折り返しまでの時間しばし充電中。
ACCUMの形式名はEV-E301系。301系とはかつて東西線を走っていたアルミ車両を思い出します。

ちなみにタイトルのDENCHAはJR九州の蓄電式電車の愛称です。


IMG_9011-2.jpg
大きく傾斜した屋根が特徴的な烏山駅。
これはこの地に伝わる伝統的な夏祭り・山あげ祭の舞台をモデルにデザインしたもの。
ちなみにこのACCUMがはじめて走った2014年3月15日には駅前で「春の山あげ祭」が開催されたそうで
通常夏に開催されるお祭りが春に開催されるのは長い歴史の中でもはじめてのことだったとか。

それだけ烏山線の「電化」はこの地をあげての大歓迎だったのでしょうね。


IMG_9013-2.jpg

IMG_9014-2.jpg
今はそんな喧騒はどこへやら。
静かな駅前からさっそく街中を歩いてみます。
近くを那珂川が流れているのであゆの塩焼きなんていいですね。


IMG_9016-2.jpg

IMG_9018-2.jpg
駅前旅館の重厚な建物からクラシックな喫茶店まで色々あります。


IMG_9020-2.jpg
駅前のバス停に残る町営バスの文字。
現在の那須烏山市は2005年、那須郡烏山町と南那須町の合併によりできました。


IMG_9021-2.jpg

IMG_9024-2.jpg
駅前通りを離れ、路地へ。

IMG_9025-2.jpg
ここにも烏山町のシールが残ってました。


IMG_9027-2.jpg
路地から駅をぐるっとまわって踏切へ。


IMG_9029-2.jpg
駅には発車を待つACCUM。まだ充電中です。


IMG_9034-2.jpg
充電完了。宇都宮へ向けて走り出しました。
  1. 2019/01/20(日) 23:36:02|
  2. 栃木県
  3. | コメント:0
次のページ